イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【Firebase】Firebase Storageとは?(3)ファイルを自動的に削除する方法

この記事をシェア

Firestore のデータを Firebase Storage にエクスポートした後、そのデータを一定期間後に自動的に削除される方法をご紹介します。
そのために、Firebase Storage のライフサイクル管理という機能を使います。
公式のドキュメントはこちらです。
Firebase コンソールの Storage 画面からは直接編集できないようなので、コマンドを使用します。
あるバケットに対して設定されているライフサイクルを確認するには以下のようにします。

$ gsutil lifecycle get gs://bucket_name

例えば、作られてから30日が経過したファイルを自動削除するには、以下のようにします。
まず、テキストエディタで、次のように記述してファイルを作成します。


{
  "lifecycle": {
    "rule": [
      {
        "action": { "type": "Delete" },
        "condition": { "age": 30 }
      }
    ]
  }
}

このファイルを例えば lifecycle.json という名前にして、次のコマンドを実行します。

$ gsutil lifecycle set lifecycle.json gs://bucket_name

これによって、このバケットに、ライフサイクルが設定されたことになります。
condition で指定した条件に当てはまるファイルに対して、action で指定したアクションが実行されます。
condition や action に指定できる値は、こちらのドキュメントをご参照ください。
ライフサイクルを削除したい場合は、json ファイルに {} とだけ記述して、上記の設定コマンドを実行します。
Firebase コンソールの Storage 画面では、現在設定されている内容などが見れないのですが、Google Cloud Platform コンソールの Storage 画面では確認することができます。

ストレージブラウザの「ライフサイクルルール」というカラムの「○個のルール」と書かれているところをクリックします。
すると、このバケットに設定されているルールが表示されます。
ルールを追加したり削除することもできます。
以上、Firebase Storage のファイルを一定期間で自動で削除する方法と、ライフサイクルルールの確認方法のご紹介でした。
間違って、大事なファイルまで消してしまわないように注意しましょう。

いかがでしたか?イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、Google アナリティクス for Firebase の導入支援を行っております。
また、アプリとWebのクロスプラットフォーム分析ができるGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入支援も行っております。
まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google アナリティクス for Firebase ・Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4) の導入に関するお問い合わせはこちら

関連する記事

【Firebase】Firebase Storageとは?(1)アプリからファイルにアクセスする方法
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/blog/3344/

【Firebase】Firebase Storageとは?(2)ファイルをアプリにダウンロードする方法
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/blog/3342/

この記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

広報・PR・マーケティング担当

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ