イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【Firebase】Google アナリティクスとの連携解除でアナリティクスのデータが消える!

この記事をシェア

アナリティクスのデータが思わぬ操作で消えてしまう(意図せず消してしまう)ということが実際に起こっているようなので、注意喚起の意味を込めてご紹介します。

どんな操作でデータが消えてしまうのか?

アナリティクスのデータが消えると言っても、何もしていないのに消えることはありません。
ある特定の操作を行った場合に消えてしまいます。
それは、Google アナリティクスとの連係解除です。

データが消えてしまう可能性があるプロジェクト

データが消えてしまう可能性があるプロジェクトは、通常のプロジェクトではなく、Web + Appプロジェクトにアップグレードしたプロジェクトになります。

要注意! Google アナリティクスとの連携解除の方法

まず、画面左上の歯車アイコンのボタンから「プロジェクトの設定」を開きます。

画面上部のタブから「連携機能(結合)」を選択し、Google Analyticsの「管理」をクリックします。

画面上部の「Google アナリティクスのプロパティ」の欄に、このプロジェクトと連携しているGoogle アナリティクスのプロパティが表示されます。
右側の3点リーダーをクリックして「このプロジェクトからアナリティクス…」を選択します。

連携解除を確認するポップアップが表示されます。
ここで「Google アナリティクスのリンクを解除する」をクリックすると、アナリティクスのデータも消えてしまいます。

なぜデータ消えるのか?

ポップアップの表示をきちんと読めば、アナリティクスのデータが無効になることがわかります。
連係解除でFirebase側のアナリティクスのデータが消えるのは、連携時にFirebase側で持っていたデータがGoogle アナリティクス側に移行するという仕様によるものです。

しかしながら、そもそも「Google アナリティクス」と「Google アナリティクス for Firebase」が別物だと思い込んでいると、データが消えるなど思いもよらず連係解除してしまいそうです。
とくにFirebaseのアナリティクス機能を2年以上前から使っている方にとっては、「Google アナリティクス」と当時の「Firebase アナリティクス」は完全に別物でした。
(Firebaseの画面を一部Google Analyticsにそのまま表示することはできました。)
現在も別物であると、無意識のうちに思い込んでいないか注意が必要です。

参考】連係解除の方法や注意点に関する詳細は下記をご覧ください。

参考】連係解除以外にもデータが消えてしまわないか不安になるケースがあります。
詳細は下記をご覧ください。


いかがでしたか?

イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、Google アナリティクス for Firebase の導入支援を行っております。

また、アプリとWebのクロスプラットフォーム分析ができるGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入支援も行っております。

まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google アナリティクス for Firebase ・Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4) の導入に関するお問い合わせはこちら

この記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

広報・PR・マーケティング担当

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ