導入サポート実績国内No.1! データ活用のプロフェッショナル

e-Agency ロゴ

Google アナリティクス導入・運用のお悩み・ご要望を、専任の技術担当チームがサポート ~ Google アナリティクスの解析基盤構築(1)

2017年6月12日 | muramatie

シェアする

Google アナリティクスの導入は、アクセス解析したいサイトのページにトラッキングコードのタグを貼り付ければ完了! 高機能なわりに、基本的には非常にシンプルな方法で導入することができます。

しかしながら、「うちのサイト、本当に導入できるの?」「その方法では導入できないのでは?」とお悩みのお客様もいらっしゃるのではないでしょうか? 実際に、お客様のサイトによっては、そう単純には導入できない場合もよくあります。

また、導入時だけでなく運用フェーズに入ってからも、「取得したデータ、もっと便利に活用できないものか?」というようなお悩みや、「必要なデータのみ、レポートをまとめてダッシュボード化できないか?」というようなご要望もよくいただきます。

Google アナリティクスを継続的かつ有効に活用していくためには、こうした導入・運用における解析のための基盤づくりや、その最適化が重要です。イー・エージェンシーでは、お客様のお悩みやご要望に対して技術的な側面からも的確に応えるべく、Google アナリティクス専任の技術担当チームを常時配置して、お客様にとって最適な解析の基盤構築をサポートしています。

上の写真は、Google アナリティクス専任の技術担当チームのエンジニアと、実装・解析の各担当コンサルタントによる打ち合わせの様子です。奥のホワイトボードには文字や図がびっしりと書き込まれています。では、Google アナリティクス専任の技術担当チームが何をしているのか、主な役割について具体的にご紹介しましょう。

< Google アナリティクス専任の技術担当チーム ~ 主な役割 >

1.Google アナリティクスの導入・運用における解析の基盤構築
2.Google社の最新プロダクトの調査・検証~Google アナリティクスとの連携
3.Google アナリティクスの解析基盤構築における作業の改善・効率化

 

1. Google アナリティクスの導入・運用における解析の基盤構築

Google アナリティクスの導入・運用において、お客様のサイトごとの特徴を捉えて、必要となるデータを取得するための技術検証を行い、お客様のお悩みの解決やご要望の実現の可否を調査・判断します。その上で、GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャの設定作業や動作検証などを行います。

設定後の運用フェーズでも、コンサルティング担当チームやカスタマーサポート担当チームと連携して、継続的に技術的なサポートを行います。

よくあるケースとしては次のとおりです(技術的なものに絞っています)。

< 導入時によくあるケース >

●CMSの仕様により、トラッキングコードのタグをページに貼れない。
画面にあまり触れない。ページを柔軟に編集できない。

 → タグを貼る位置や貼り方、タグのJavaScriptをカスタマイズして対応。

< 導入後によくあるケース >

●自社サイトに貼ったYouTubeの視聴データを取得したい。
何回見られているか? 何分見られているか? 全編の何%見られているか?等。

●縦に長くスクロールするページがどこまで見られているか知りたい。

 → いずれもGoogle タグマネージャでJavaScriptを組んで対応。

必要なデータのみ、レポートをまとめてダッシュボード化できないか?

 → Google データスタジオGoogle スプレッドシートと連携させて対応。

 

2. Google社の最新プロダクトの調査・検証 ~ Google アナリティクスとの連携

日々進化し続けるGoogle社のプロダクトについて、とくにGoogle アナリティクスとの連携によるデータ活用という視点から、継続的に調査・検証しています。

Google Cloud Platform(GCP)を利用したマシンラーニングによって、ユーザの行動(退会や解約等)を予測する。

Google BigQueryと連携して、さらに深くデータ分析する。

Google データスタジオGoogle スプレッドシートと連携してダッシュボードを構築する。
それぞれのツールの特性、メリット・デメリットを見極めて使い分ける。

 

3. Google アナリティクスの解析基盤構築における作業の改善・効率化

Google アナリティクスの解析基盤の構築では、要件によっては膨大な設定作業が発生します。そのぶん人為的なミスも懸念されるため、検証作業も膨大になります。

そこで、たとえばGoogleのAPIを活用して設定内容を流し込むツールを開発するなど、設定作業における工数やリスクを抑え、作業の改善・効率化を図っています。

また、これを見積もりや納品にも反映して、お客様の費用負担とリスクを軽減することによって、Google アナリティクスを継続的に有効活用していただけるように努めています。

 

次回は具体的な事例をいくつかご紹介しましょう。

→ Google アナリティクスとGoogle データスタジオ・Google スプレッドシートとの連携ほか事例紹介 ~ Google アナリティクスの解析基盤構築(2)
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/ga_implement_02/

muramatie

ライター

イー・エージェンシーに入社して早十ウン年。近頃はマーケティングチームに所属しています。

サービスに関するご質問は、
お問い合わせください

詳しいサービス内容、導入に関するご相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

最新記事