グループ 939-1
Google マーケティング プラットフォーム

Google アナリティクス 360

データ分析において高い拡張性を備えた

エンタープライズ版 のマーケティングツール

有料版であるGoogle アナリティクス 360は常に変化し続けるビジネスの現場におけるオンラインの情報の取得において素早い不可欠なデータの反映が出来、大容量のデータ取得においてもサンプリングされにくいデータ処理が可能です。

高度な分析機能を持ち、非サンプリングなデータへのアクセス可能なレポートや、BigQueryへのローデータのエクスポート、データドリブンアトリビューションや各種機能の制限緩和などプレミアムな機能が揃っています。

Google製品であるGoogle広告、ディスプレイ&ビデオ360、検索広告360、キャンペーンマネージャー、アドマネージャーとのシームレスな連携が可能です。また、他社製品であるSalesforceとの連携を行いマーケティングの成果の可視化を行うことが可能です。

マスクグループ 73
マスクグループ 74

お客様からよくご相談いただく課題

データ基盤の構築から活用課題の解決に関して、お客様から様々なご相談をいただいています。

広告・プロモーション施策の効果を分析して広告予算のアロケーションをしたい

複数媒体での広告出稿、プロモーション施策に予算をかけているが、効果をしっかりと分析して予算の最適化を行いたい。

ウェブとアプリのアクセスデータをまとめてレポートしたい

アプリとウェブ全体を通してユーザー行動、コンバージョン維持など、これまで別々で分析していたWEBサイトとアプリをユーザー軸で分析・レポートしたい。

CRMツールとの連携ユーザー軸でのマーケティングシナリオを作成したい

カスタマージャーニーを描き、ユーザーごとに最適なマーケティングを展開したい。
Salesforce Marketing CloudとGoogle アナリティクス 360を連携し、ユーザーごとのマーケティングを行いたい。

イー・エージェンシーでは、これらの課題に対する解決策を
データのプロフェッショナルとしてサポートいたします

Google アナリティクス 360の主な特徴

処理できるヒット数の上限は20億ヒットまで

Google アナリティクス (無料版)では1カ月で1,000万ヒットを超えると、アラートが表示され、レポート自体が削除される可能性がございます。Google アナリティクス 360ではヒット数が20億まで引き上げられ、より大容量のデータ分析が可能となります。

※ビット数とは、ページビューやイベントなどGoogle アナリティクスサーバーへ送られた回数をいいます。(1ページビュー=1ビット)。

4時間おきのデータ更新頻度

Google アナリティクス(無料版)では更新頻度が24時間以内であるのに対して、Google アナリティクス 360では、殆どのレポートが10分から1時間以内、一部を除き4時間以内に集計が終るため、よりリアルタイムでの分析が可能になります。

サンプリングされにくいデータ処理

無料版 Google アナリティクスではレポート対象の収集対象が50万セッションを超えると自動的にサンプリングが実行されますが、
Google アナリティクス 360の場合は、通常レポートはサンプリングされず、高度な分析を行う場合でも1億セクションまではサンプリングが行われません。非サンプリングの範囲が圧倒的に拡大されることで、より実際の数値に即したレポート出力可能です。

※「サンプリング」とは、統計解析アプローチの一つで、標本調査とも言われています。

Google BigQueryへの自動エクスポート

Google アナリティクス 360 では、クラウドデータウェアハウス「BigQuery」にーデータをエクスポートできます。
膨大なデータに対する分析や複数のデータソースとの競合など、高度なデータ加工処理が可能です。
GCPに用意されている各種ツールを用いて、大量のデータを元にした予測モデリングや機械学習、自然言語処理などに利用できます。

 

CV貢献度の分析、目標達成プロセスの視覚化により、
広告戦略の最適化とユーザーアプローチの改善

  • Google アナリティクス 360では、データ・ドリブンアトリビューション(DDA)を利用することができ、機械学習を用いて、ラストクリックでの成果貢献だけではなくアトリビューションを加味した成果貢献の分配を行うことで、より最適な広告予算アロケーションを行うことが可能です。広告戦略の見直しや最適化を進める材料として、このデータ・ドリブンアトリビューション(DDA)を利用できます。

    thumb-analytics-1
  • また、顧客の購入経路を視覚化して分析できるカスタム ファネルにより、ユーザーが目標に到達するまでのステップを視覚化することで、各ステップを完了しているユーザー数と放棄しているユーザー数を簡単に把握することが可能です。それにより、改善が必要なステージが一目でわかり、目標到達プロセスの途中で放棄しているユーザーを簡単にセグメントを作成することができ、Google 広告連携により再びアプローチすることも可能です。

    thumb-analytics-2

Googleの他サービスとの連携も強化

Google アナリティクス 360では、より多くのサービスとの連携が強化されています。
ディスプレイ&ビデオ360、検索広告360、Salesfoce Cloud、Salesforce Marketing Cloud、Google アドバイザーと連携する事で、より統合的な運用が可能になります。

 

ga_alignment_image-1

サービスレベル保障(SLA)

Google アナリティクス 360では、データ収集やレポートの可能性に対してサービスレベル保障(SLA)がされているため、万が一のデータ抜けやサービスダウンによるデータ収集に影響が出た場合の対応も万全です。

Google アナリティクス 360 の導入・活用について
ご相談・お問い合わせはこちら

Google マーケティング プラットフォームをはじめ、
マーケティングプロダクトを利用したデータ活用支援が
イー・エージェンシーの強み

イー・エージェンシーは、「Google マーケティングプラットフォーム(GMP)」
「Google クラウドプラットフォーム(GCP)」の認定パートナーです。
Google アナリティクス 360 をご利用になられるになられる企業様向けに、
導入設定サポートからツール活用トレーニング、テクニカルサポートなど付帯サービスを用意し、
基盤構築後の活用コンサルティングまでワンストップで支援いたします。

3つの強みでトータルサポート

活用コンサルティング
icon-strength1

プロフェッショナル

50名以上

豊富な他の解析ツールから移行実績を持つ導入スペシャリストが貴社のデータ活用を支援

テクニカルサポート
icon-strength2

年間サポート対応件数

2,000名以上

分析の不明点や数値の乖離・不具合を解決する専属チームによるサポート

インハウストレーニング
icon-strength3

プロフェッショナル

9,500名以上

Googleアナリティクスの基礎から活用まで、データ分析人材の育成トレーニングを実施

Google アナリティクス 360 の導入・活用について
ご相談・お問い合わせはこちら