導入サポート実績国内No.1! データ活用のプロフェッショナル

e-Agency ロゴ

【広告の効果改善に役立つ】Google アナリティクスとGoogle 広告を連携するメリットと方法

2020年7月13日 | muramatie

シェアする

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携していますか?
それぞれ単体で利用している企業様も意外と多いようですが、連携することによって広告の成果向上につながるメリットが得られます。
今回はGoogle アナリティクスとGoogle 広告を連携するメリットと方法をご紹介します。

目次

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携するメリット
Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する方法 ~ 手動タグ設定と自動タグ設定
Google 広告との連携を最大限に利用するなら ~ 自動タグ設定
任意のキャンペーン名を設定するなら ~ 自動タグ設定のオーバーライド
Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する設定
【参考1】Google アナリティクスの来店レポートの利用
【参考2】アプリ+ウェブ プロパティとGoogle 広告の連携

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携するメリット

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携すると、次のようなメリットがあります。

●Google アナリティクス側のメリット
・Google アナリティクスの「Google 広告」レポートで、キャンペーンごとのインプレッション数やクリック数から、流入後のセッションやCVまで、広告で集客したユーザーの一連の行動を確認できる。
・Google アナリティクスのマルチチャネルレポートで、広告コストをふまえたROIやROASをアトリビューションモデルごとに確認できる。

●Google 広告側のメリット
・Google 広告にGoogle アナリティクスの目標や指標がインポートできる。
・Google 広告にGoogle アナリティクスのオーディエンスリストが連携できる。

 

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する方法 ~ 手動タグ設定と自動タグ設定

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する方法には、「手動タグ(UTM値)」と「自動タグ」の設定に応じて3つのパターンがあります。それぞれのメリット・デメリットは次のとおりです。

●手動タグ設定
【メリット】
・任意のキャンペーン名、参照元/メディアを設定できる。
【デメリット】
・Google 広告のデータが入ってこない。

●自動タグ設定
【メリット】
・広告と流入後のデータがつながる。
・Google アナリティクスでより詳細なレポートを利用できる。
・Google アナリティクスの目標やトランザクションをGoogle 広告にインポートできる。
【デメリット】
・任意のキャンーペーン名、参照元/メディアを設定できない(3PASの利用時等)。

●自動タグ設定+手動タグ設定による自動タグ設定のオーバーライド
【メリット】
・広告のデータをアナリティクスで閲覧できる。
・任意のキャンペーン名、参照元/メディアを設定できる。
【デメリット】
・Google 広告レポートやアトリビューションレポートで、広告データと流入後のデータが分断される。

 

Google 広告との連携を最大限に利用するなら ~ 自動タグ設定

Google アナリティクスの「Google 広告」のレポートで、Google 広告から入ってくるキャンペーンごとのインプレッション数、クリック数に加えて、流入後のセッションや、CVまでを一続きで確認することができます。

[集客] > [Google 広告] > [キャンペーン] のレポート

また、マルチチャネルレポートで、CPAやROASを確認することができます。

[コンバージョン] > [マルチチャネル] > [モデル比較ツール] のレポート

 

任意のキャンペーン名を設定するなら ~ 自動タグ設定のオーバーライド

Google 広告で自動的に設定されるパラメータの他に、独自でUTMパラメータ情報を付与する場合は、自動タグ設定のオーバーライド機能により、手動タグ(UTM値)による上書きを許可することができます。

ただし、上書きされた値にはGoogle 広告からの費用データが紐づかないため、Google アナリティクスのデータは下図のように別の行に表示されます。

また、マルチチャネルレポートは手動タグ設定をサポートしていないため、広告の効果を正確に把握することはできません。

 

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する設定

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携する場合、それぞれ下記のような設定を行います。

1.Google アナリティクスで、連携するGoogle 広告のアカウントを指定する。
Google アナリティクスの [管理] > [プロパティ] の列の [Google 広告とのリンク] で、連携するGoogle 広告のアカウントと、そのデータを反映するビューを指定します。

※連携の設定には、Google アナリティクスのプロパティの編集権限と、Google 広告のアカウントの管理者権限が必要です。

2.Google 広告で、自動タグを有効化する。
Google 広告の [設定] > [アカウント] のタブで、自動タグを有効化するチェック項目にチェックを入れて保存します。

3.Google アナリティクスで、自動タグ設定のオーバーライドを許可する。
Google アナリティクスの [管理] > [プロパティ] の列の「プロパティ設定」で、手動タグ設定による自動タグ設定のオーバーライドを許可するチェック項目にチェックを入れて保存します。

 

【参考1】Google アナリティクスの来店レポートの利用

Google アナリティクスとGoogle 広告を連携し、さらに複数の要件を満たすと、Google アナリティクスの「来店レポート」が利用できます。
来店レポートとは、広告からWebサイトにアクセスしたユーザーが実店舗に来店した数を確認できるレポートです。
キャンペーン単位での成果も確認することができます。

●必要な条件
・Google アナリティクスのアカウント
・Google 広告のアカウント
・Google マイビジネスのアカウント
・上記の各アカウントごとの個別設定
・Webサイトおよび来店について十分なトラフィックが収集されていること。
※30日間でWebセッションが10万回以上。

ヘルプ:Google アナリティクスの来店レポート(ベータ版)の詳細
https://support.google.com/analytics/answer/7573498?hl=ja

 

【参考2】アプリ + ウェブ プロパティとGoogle 広告の連携

Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティもGoogle 広告と連携することができます。
アプリ + ウェブ プロパティの行動レポートにGoogle 広告のキャンペーンカードが表示され、クリック単価、コンバージョン単価、広告費用対効果などが確認できます。
また、アプリ + ウェブ プロパティで作成したオーディエンスのリストや、機械学習によって抽出されたリストに対して、Google 広告で訴求することができます。

●必要な権限
・Google アナリティクスのプロパティの編集権限
・Google 広告の管理者権限

ヘルプ:アプリ + ウェブ プロパティと Google 広告をリンクする
https://support.google.com/analytics/answer/9379420

 

いかがでしたか?
Google アナリティクスとGoogle 広告を連携すると、広告の成果向上に役立つメリットが得られます。
自社にとって最適な方法を選んで、ぜひ活用してみてください。

イー・エージェンシーでご契約いただいたお客様には、このようなTipsやアップデート情報をお届けするサービスも行っております。
ご興味をお持ちになった方は、お気軽にお問い合わせください!

関連リンク



知っていると便利なのに、実は意外と知られていない…!?
「お役立ちTips(まとめ)」は、こちらをご覧ください。
>> お役立ちTips(まとめ)<<

muramatie

ライター

イー・エージェンシーに入社して早十ウン年。近頃は広報PRマーケティングチームで、ない知恵を絞る毎日です。

サービスに関するご質問は、
お問い合わせください

詳しいサービス内容、導入に関するご相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

最新記事