プロが解説!改正個人情報保護法から読み解く企業担当者が押さえるべきデータプライバシー対策のポイント

日本における個人情報保護分野の第1人者であるDataSign社の太田 祐一氏をスピーカーとしてお招きし、
2021年5月に発表された”改正個人情報保護法のガイドライン”を読み解いていきます。

ウェビナー概要

”改正個人情報保護法のガイドライン”を読み解き、マーケティング担当者が今押さえておくべきポイントや対策をご紹介!
昨今、世界でプライバシー保護に関する規制が進むなか、日本においても、来年施行予定の改正個人情報保護法の原案となるガイドライン案が発表されるなど、個人のプライバシー保護への動きが加速しています。
このような一連の流れを踏まえ、デジタルマーケティングに関与する企業担当者や運用担当者からも、このテーマに対して大きな注目が集まっています。
しかし、その一方で規制内容が難解なため、読み解いて対策に落とし込むのは困難だという声も聞こえてきています。
「私達は、今、何をすべきなのか?」
本ウェビナーでは、この答えを探す一つの鍵として、日本における個人情報保護分野の第1人者であるDataSign社の太田 祐一氏をスピーカーとしてお招きし、2021年5月に発表された”改正個人情報保護法のガイドライン”を読み解いていきます。
さらに、企業のマーケティング担当者が今押さえておくべきポイントや対策、今後を見据えたCMPツールの必要性などを、事例を交えながら対談形式でご紹介いたします。

動画目次(全49分)

0:00:00 はじめに
0:00:52 自己紹介
0:03:20 事業紹介
0:03:42 本日お話する内容
0:04:10 1.個人情報保護法改正概要
0:08:06 2.企業が押さえておくべきポイントは?
0:31:04 3.CMP導入は必要か?
0:33:02 4.企業が抱える課題は?
0:36:02 5.今企業がすべきことは?
0:38:00 企業が抱える課題と事例
0:40:22 データマネジメントのトレンド
0:43:24 改正個人情報保護法に違反した場合の制裁金
0:46:42 最後に

弊社サービスに関するご相談・お問い合わせは、
担当営業または、以下よりお問い合わせください