イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

ディメンションに値が設定されていない行をレポートに表示する方法

この記事をシェア

webサイトのデータ分析の際にGoogle アナリティクスのカスタムレポートでディメンションを指定したときや、カスタムディメンションを掛け合わせた際に、紐づくデータが存在しない場合は、行として表示されないのをご存知ですか?

データレイヤ―の変数に値がセットされていない場合に、指定の値(not set)などを入れたいというご要望をお寄せいただくことがあります。
そんな時は、Google タグマネージャ(GTM)の「正規表現の表」や「デフォルト値」などの機能を活用することで、JavaScriptによる判定/書き込みを行うことなく指定の値をセットすることが可能です!

今回は、ディメンションに値が設定されていない行をレポートに表示する方法について、詳しく解説していきます。

紐づく値が含まれていないディメンションを指定した際のレポートの挙動

分析の際にセカンダリディメンションを掛け合わせたときやカスタムレポートでディメンションを指定した場合に、紐づく値が設定されていない行はレポートに表示されません。
紐づく値が設定されていない行も表示させたい場合には、該当のディメンションに“not set”や”null”など特定の文字列を含める必要があります。

現在の計測状況の確認

まずはGoogle タグマネージャ(GTM)を開き、以下の項目を確認します。
データレイヤ―の変数に値をセットする際に、サイト側の”datalayer.push”の記述でブランク(””)を指定しているかどうかで、指定の値(not set など)を含める設定方法が異なります。
以下をご確認ください。

(1)該当のデータレイヤー変数に値をセットしていない場合
(例:dataLayer.pushに該当の変数に関する記述がない)
(2)データレイヤ―の変数の値にブランク(””)を指定している場合
(例:dataLayer.push({“aaa”:“”,});)

(1)該当のデータレイヤー変数に値をセットしていない場合

カスタムディメンションに設定しているデータレイヤ―変数について、オプションの設定”デフォルト値”を設定することで、datalayer.pushでデータレイヤ―変数に値がセットされなかった場合に、指定の値を入れることが可能です。

(2)データレイヤ―の変数の値にブランク(””)を指定している場合

データレイヤ―変数の値にブランクを指定している場合、デフォルト値の設定が機能しないため、データレイヤ―変数の値を変数「正規表現の表」で書き換える必要があります。

まず、書き換えを行いたいデータレイヤ―の変数を入力変数に指定し、正規表現のパターンと出力で戻り値を設定します。
例えば、ブランクが指定された場合は「not set」を出力。なにかしらの値が指定されている場合(.*)は元の値を出力します。
次に、作成した正規表現の変数をページビュータグのカスタムディメンションの値として設定します。

▼ヘルプ: ユーザー定義変数正規表現の表
https://support.google.com/tagmanager/answer/7683362?hl=ja#regex_table

Google アナリティクスに詳しい人でも知ってるようで意外と知らないお役立ち情報でした。
このようにGoogle アナリティクスには、知られていない便利な機能が多くあります。

イー・エージェンシーでご契約のお客様には、このようなTipsをお客様にお届けするサービスも行っております。
上記サービスが気になる方は、お気軽にお問い合わせください!

この記事をシェア

この記事を書いた人

GA360 サポートチーム

GA360 サポートチーム

Google アナリティクスをはじめとしたGoogle Marketing Platformの各種プロダクトに関して豊富なノウハウと実績を有するサポート専任チームです。お客様のマーケティング活動におけるさまざまな課題の解決に向けて、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ