イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【コホート分析】キャンペーンごとに新規ユーザー定着率を確認する方法

この記事をシェア

WEBで実施した施策ごとに、集客した新規ユーザーがどのくらい定着しているのか? その割合を確認したいとお悩みではありませんか?

新規ユーザーの定着率を確認することで、どの施策の効果が高かったのかを知ることができます。
今回はGoogle アナリティクスのキャンペーンごとに、新規ユーザー定着率を確認できる「コホート分析レポート」機能について解説します。
コホート分析の基本的な確認方法と、定着率が高い流入元を分析する方法を見ていきましょう。

Google アナリティクスのコホート分析とは?

Google アナリティクスのコホート分析とは、webサイトに来訪したユーザーを属性や条件でグループごとに分類し、その行動や定着率を分析するものです。
Google アナリティクスのコホート分析レポートを使えば「初めて訪れたユーザーが、その後にどの程度継続してサイトに訪れているか」などの定着率を、初回訪問日ベースで視覚的にわかりやすく確認することができます。
リピートユーザーを呼び込みたい時の施策として、広告・SNS・メルマガなどが挙げられますが、コホート分析ならリピートに効果のある広告などを分析し、施策を評価することも可能です。

 

コホート分析の使い方

コホート分析レポートは、[ユーザー]>[コホート分析]から確認することができます。

コホート分析では複数の指標を組み合わせることで、様々なデータを確認することができます。
ここでは、定着率をユーザー維持率という指標で表しています。

コホート分析で使用できる指標
・コホートの種類:集客の日付
・コホートのサイズ:日、週、月別
・指標:ユーザー維持率、等
・期間:過去7、14、21、30日

コホート分析で確認できること
・ユーザーがいつ再訪したか?
・どの流入元の再訪率が高いか?

 

特定のキャンペーン(広告等)の定着率を調べるには?

コホート分析では、標準レポートと同様にセグメントをかけることができます。
「すべてのユーザー」と「特定のセグメント」を比較することで、「特定のセグメント」が自社サイトにどれだけ貢献しているか分析することができます。

例えば上の図では、「すべてのユーザー」と「広告キャンペーンのユーザー(特定のセグメント)」を比較しています。

キャンペーンの評価を行う際に、「サイト全体の流入」と「特定のキャンペーン(広告等)からの流入」を比較することで、そのキャンペーンが新規ユーザーの定着率にどの程度貢献しているかを分析することが可能です。

 

ユーザーの再訪率をあげるタイミングの分析

定着率の推移を見れば、指定した期間にどの程度ユーザーが離脱しているかを確認することも出来ます。ユーザーが離脱したタイミング(維持率のパーセンテージが下がった時)を分析することで、次の施策を打つべきタイミングを検討することが可能です。
例えば、ユーザーの再訪率が下がり始めたタイミングで再度、施策を打つことでユーザーの再訪を促すことが考えられます。

ポイント!
分析当日の再訪状況は分からないため、「2020/05/17-2020/05/23」の第1週や、「2020/05/10-2020/05/16」の第2週は0.00%と表示されます。

いかがでしたか?
webサイトを長期的に成長させ続けるにはリピーターは欠かせない存在です。
集客したユーザーがどんなタイミングで減少するのか? 新規ユーザーがしっかり定着しているか? を定点観測し、状況に応じて施策を行うことが重要です。
是非、コホート分析を活用して、デジタルマーケティングを加速し、コンバージョンUPを目指していきましょう。

この記事をシェア

この記事を書いた人

GA360 サポートチーム

GA360 サポートチーム

Google アナリティクスをはじめとしたGoogle Marketing Platformの各種プロダクトに関して豊富なノウハウと実績を有するサポート専任チームです。お客様のマーケティング活動におけるさまざまな課題の解決に向けて、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ