イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(1)

この記事をシェア

前回こちらの記事で、Firebaseアナリティクスの情報をBigQueryを使って確認する方法をご紹介しました。

【Firebase】アナリティクスとBigQueryを連携する方法
Firebase Analyticsの情報は、通常は専用の管理画面で中身を確認しますが、「取得したデータをエクセルでまとめたい」などの操作を行いたい場合、Big Queryを使用してデータを出力することが可能です。

ですが、BigQueryはSQLなどを使用するなど開発者向けの要素も多く、一般的ではありません。

今回は、アナリティクスの情報を、より分かりやすく見せるための方法としてデータポータルをご紹介します。

前提条件:BigQueryとすでに連結済みであること

連携のやり方は こちら を参考にしてください

Google データポータル(旧データスタジオ)とは?

Google データポータルは、Google が無償で提供している データビジュアライゼーションツール です。

データビジュアライゼーションとは膨大で複雑なデータをグラフや図で分かりやすく表現する技術のことで、「データを分かりやすく伝える」ことを目的としています。

そのため、データポータルを使用すると、数字の羅列であるデータをグラフや図に変換して、見やすく分かりやすいレポートを作成することができます。

1.データポータルを開く

① データポータル にアクセスします。
②画面左上の「作成」をクリックし、「データソース」を選択します。

2.BigQueryと連携する

① BigQuery を選択します。

②プロジェクト、データセット、表(テーブル)からそれぞれ対象のものを選択します。

※構造はBigQueryと同じです。

◆データセット

複数のテーブルをもつ、データベースのようなものです。

BigQuery にリンクしている Firebase プロジェクトごとに、「analytics_<property_id>」という名前のデータセットが追加されます。

今回はアナリティクスのデータを表示させたいので、データセットは「analytics_<property_id>」を選択します。

テーブル(表)

イベントのデータが確認できます。

[events_YYYYMMDD]
日付単位で作成されるテーブルです。前日分までのデータが確認できます。

[events_intraday_YYYYMMDD]

当日発生したイベントについてはこちらのテーブルを確認します。データはリアルタイムで追加されます。

③データソース名を任意の名前に変更し、画面右上の「接続」をクリックします。

④画面右上の「レポートを作成」をクリックします。

「このレポートにデータソースを追加しようとしています」と表示されるので、「レポートに追加」をクリックします。

⑤レポート作成画面が表示されます。

次回はこちらの画面を利用して、実際に Firebaseアナリティクス の情報を表示していきます。

いかがでしたか?イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、Google アナリティクス for Firebase の導入支援を行っております。
また、アプリとWebのクロスプラットフォーム分析ができるGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入支援も行っております。
まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google アナリティクス for Firebase ・Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4) の導入に関するお問い合わせはこちら

関連する記事

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(2)
(データポータルでグラフを作成する方法)

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(3)
(データポータルで一覧表を作成する方法)

この記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

広報・PR・マーケティング担当

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ