イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(2)

この記事をシェア

データポータルの編集画面で、実際にレポートを作成する方法をご紹介します。

やりたいこと

・日別(Event Date)のイベント数をグラフで確認したい
・日付範囲を指定できるようにしたい
など

完成図

使い方

※Firebase アナリティクスとデータポータルの接続方法についてはこちらの記事をご参照ください。

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(1)
前回こちらの記事で、Firebaseアナリティクスの情報をBigQueryを使って確認する方法をご紹介しました。ですが、BigQueryはSQLなどを使用するなど開発者向けの要素…

1.グラフの作成方法

①画面上部のメニューで「グラフを追加」をクリックする

②「縦棒グラフ」を選択する

③画面右側にプロパティが表示されるので、下記内容で設定を行う

設定内容

■データ
ディメンション:Event Date
指標:Event Count
並べ替え:Event Date、昇順

■スタイル
「データラベルを表示」をクリック 

上記内容で実際に設定した画像

④下記のようなグラフがキャンパスに挿入されます

2.期間の作成方法

①画面上部のメニューで「期間」をクリック

②キャンパスに期間が挿入されます

3.スコアカードの作成方法

①画面上部のメニューで「グラフを追加」 → 「スコアカード」 を選択する

②画面右側のプロパティで下記設定を行います

設定内容

■データ

指標:Event Count
デフォルトの日付範囲:自動

③キャンパスにスコアカードが挿入されます

4.完成

①レポート名を任意の名前に変更します。分かりやすい名前が良いです。

②「ビュー」をクリックして確認します。
「編集」を押すと編集画面に戻ります。

③画面左上のマークを押下するとデータポータルのホーム画面へ遷移します。

いかがでしたか?イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、Google アナリティクス for Firebase の導入支援を行っております。
また、アプリとWebのクロスプラットフォーム分析ができるGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入支援も行っております。
まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google アナリティクス for Firebase ・Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4) の導入に関するお問い合わせはこちら

関連する記事

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(1)
(データポータルとBigQueryと連携する方法)

【Firebase】アナリティクスとデータポータルを連携する方法(3)
(データポータルで一覧表を作成する方法)

この記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

広報・PR・マーケティング担当

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ