GA4からBigQueryへのエクスポートが停止された!解決方法とは

BigQueryはGoogleが提供する、大量のデータを処理するためのクラウドベースのデータウェアハウスサービスです。
様々なデータを統合し活用することで、ビジネス成果に繋げたい企業にとって、重要なツールと言えるでしょう。
しかし、従来のユニバーサル アナリティクス(以下UA)は、有料版しかBigQueryへデータをエクスポートすることができませんでした。一方、Google アナリティクス 4 プロパティ(以下GA4)は、無料版でもBigQueryへデータをエクスポートすることができるようになりました。これによりBigQuery利用の敷居が下がり、より多くの企業がBigQueryを導入できるようになりました。

しかし、GA4からBigQueryへのエクスポート上限は1日100万イベントとなっており、制限に引っかかって停止した方も多いのではないでしょうか?
今回は、エクスポートの上限を緩和し、停止を防ぐ方法をご紹介します。

BigQueryとは

BigQueryとは、Googleが提供する大量のデータを処理するために開発された、クラウドベースのデータウェアハウスサービスです。複雑なSQLクエリを高速に実行するためのインフラストラクチャを提供し、ビッグデータの分析、データ集計、機械学習などを実行するために使用されます。
GAで収集したWebサイトデータを始め、店舗情報やCRMデータ、他のデジタルマーケティングツールのデータなど、様々なデータをインポートし統合することで、高度な分析を行うことができます。

GA4からBigQueryへエクスポートできるデータは、1日100万イベントまで

様々なデータをインポートし、統合することで本領発揮するBigQuery。GA4からも常に最新のデータをエクスポートすることで、より精度の高いデータを活用できます。
しかし、無料版のGA4からBigQueryへエクスポートできるデータは、1日に100万イベントまでと上限が設定されています。
これは、1ヶ月で3000万イベント以上あるようなサイトであれば、すぐに使い切ってしまう量と言えます。

イベント数を確認する2つの方法

エクスポートの上限を超えた場合、プロパティの「編集者」と「管理者」宛にメール通知が届きます。しかし、エクスポートの停止によるデータの欠損を防ぐため、エクスポートするデータ量に注意しておくことが重要です。

方法1
探索レポートを使う

探索レポート機能を使うことで、対象期間のイベント数を確認することができます。
権限も必要なく誰でも手軽に作成できます。
詳しい設定方法については、こちらでご確認いただけます。

GA4のイベント数とユニバーサル アナリティクス (UA)のヒット数を確認する方法
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/column/20230605_01#link-02

 

方法2
Google プラットフォーム ホームを使う

Google プラットフォーム ホームを使うことで、対象期間のイベント数を確認することができます。
ただし、確認にはGoogle プラットフォーム ホームを利用していることに加え、以下の権限が必要です。

確認に必要な権限
  • 組織管理者
  • 請求管理者
 詳しい方法については、 こちらでご確認いただけます。

GA4のイベント数とユニバーサル アナリティクス (UA)のヒット数を確認する方法
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/column/20230605_01#link-03
 
 

GA4からBigQueryへのエクスポート上限を超えた場合の影響

GA4の無料版において、BigQueryにエクスポートできる1日の上限は100万イベントです。プロパティがエクスポートの上限を継続的に超えた場合、BigQueryの日次エクスポートは一時停止され、それ以前の数日間のエクスポートは再処理されなくなります。
上限に達してしまった場合、収集されたデータは不正確になってしまうといえるでしょう。
正確なデータを利用してデータを分析し活用するには、1日のエクスポート停止を防ぐ必要があります。

 

エクスポートの停止を防ぐ2つの方法

正確なデータを取得するためには、GA4からBigQueryにエクスポートできる上限に達する前に、対策をする必要があります。エクスポートの停止を防ぐ方法として、以下の2つが挙げられます。

方法1
GA4を有料版にアップグレードする

無料版は1 日のエクスポート上限が 100 万イベントでしたが、有料版にすることで数十億イベントに増加します。
高いトラフィックを持つサイトはもちろん、キャンペーンなどの施策によってトラフィックが上下するようなWebサイトは、事前に有料版へアップグレードすることでエクスポートの上限を緩和しておくことをオススメします。

また、有料版にすることにより、今回ご紹介した「BigQueryへのエクスポートの上限緩和」だけでなく、「サンプリングの回避」や「データ保持期間の延長」「(Other)の表示回避」「データセットの設定エラーの解消」「サブプロパティの作成」「Google広告連携におけるオーディエンス作成上限の緩和」「収集できるイベント上限の緩和」など、様々なメリットがあります。

サービス紹介はこちら
 

方法2
エクスポートの対象となるイベントを絞り込む

GA4からBigQueryにエクスポートしたいイベントを絞り込むことで、上限に達しにくくすることができます。
GA4の管理画面から簡単に絞り込むことができ、絞り込んだ結果1日あたりどのくらいのイベント数になるのかも確認できます。
 
BigQuery-01 – 1
 
「管理」をクリックします
「BigQuery のリンク」をクリックします
  対象のプロジェクトをクリックします
 
BigQuery-01 – 2
 
「データ ストリームとイベントを表示」をクリックします
「除外するイベント」の右側にある「追加」をクリックします
「適応」をクリックします
 
BigQuery-01 – 3

  どれくらいのイベント数が使われているのか確認します
  除外したいイベントにチェックを入れます
「適応」をクリックします

 

有料版には、他にもデータ活用に重要な機能が盛り沢山

いかがでしたか?
イー・エージェンシーは、これまで培ってきた豊富な知見をもとに、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入・運用や、Google Cloud(Google Cloud Platform/GCP)によるデータ統合、広告連携、アトリビューション分析、広告やメールなど顧客へのアプローチ施策の効果改善など、データ活用全般を支援しております。

まずは、お気軽に サービス資料請求、または お問い合わせください。
みなさまのデータ活用をご支援させていただきます。  
 

【動画】Google マーケティング プラットフォーム (GMP) 導入・活用支援のご紹介

ogp-–-6
【動画で紹介】Google マーケティング プラットフォーム (GMP) 導入・活用支援のご案内

本動画では、イー・エージェンシーから「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」をご契約された際の「付帯サービス」や「具体的な成功事例」について、動画でわかりやすくご紹介します。
「 Google アナリティクスの無料版と有料版の違い」「そもそもGoogle マーケティング プラットフォーム(GMP)とは何か?」など、GMPツールについてもご紹介しています。

GA4を導入するならイー・エージェンシーにご相談ください

イー・エージェンシーは、「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」の認定セールスパートナー、「Google クラウド プラットフォーム(GCP)」の認定パートナーです。
また弊社はGoogleより2021年上半期における Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の数多くの導入支援実績を評価され、認定セールスパートナーとしてアワードを受賞しております。
これまでの豊富な実績を元に、GA4導入・移行をお客様のビジネスに寄り添い支援させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様のデータ活用を伴走型で支援いたします。

私たちは、ビジネス課題を解決する支援を行っております
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください
この記事を書いた人
神崎 恵

マーケティングプランナー 新卒でイー・エージェンシーに入社。 デザイナー兼マーケティングプランナーとして活動しています。ウェビナーやトレーニング動画の編集にも従事。