ユーザーIDがうまく計測できない!GTMで設定する方法は?~GA4よくある質問シリーズ(4)

当社サポートチームには様々なお問い合わせをいただきます。最近ではGoogle  アナリティクス 4 プロパティ(GA4)に関する内容が増えてきました。そこで、よくあるお問い合わせの中からGA4へのギモンと解決策をまとめ、シリーズとしてお届けします。
多くの皆さまのご参考になれば幸いです。
今回は、当社に寄せられるGA4へのよくあるご質問の中からユーザーIDの計測設定についてを解説します。

GA4でユーザーIDを計測する設定方法を知りたい!GTMで計測する場合のポイントは?

[GA4 設定]タグのフィールドに「user_id」を指定

GA4でユーザーIDを計測する場合の設定方法を解説します。
設定方法は、(1)Google タグマネージャー(以下GTM)を使う方法と、(2)グローバル サイトタグ(gtag. js)を使う方法の2つが主な手法です。
今回の解決事例では、GTMを用いて計測していきます。

GTMを利用している場合、[GA4 設定]タグの設定フィールドに「user_id」を指定し、その値に変数を設定します。
GA4yokuaru_4_1.jpg

設定するタグは[GA4 設定]だけではなく、ログイン中に計測されるすべてのイベントにユーザーIDを紐づけて計測する必要があります。
実装方法について、以下でご紹介いたします。

GTMでのユーザーID取得方法(実装方法の詳細)

ページに「ユーザーID」を実装する

GA4で「ユーザーID」を計測するためには、ユーザーがログインしている全てのページでdataLayer に「ユーザーID」(会員番号など、ユーザー固有のID)を書き出します。
※UAですでに dataLayer を実装済みの場合は、同じ dataLayer を使用できます。

▼dataLayer 記述例
GTM のスニペットコードより上に、 dataLayer 変数の形式でユーザIDを記述してください。値の部分(下記例:abc1234)には、会員番号など固有のユーザーIDが入るように実装して下さい。

<script>
 dataLayer = [{‘user_id’: ‘abc1234’}];
 </script>

GTMの設定

Step 1「ユーザーID」を変数で取得する

dataLayerに書き出した「ユーザーID」を、[データレイヤーの変数]で取得します。
例)変数名:variable – user_id・・・①
  データレイヤーの変数名:user_id・・・②
GA4yokuaru_4_2_.png

※UAと同じコンテナを使用しており、既にデータレイヤー変数が作成されている場合は作成不要です。

Step 2「ユーザーID」をGA4に送信する

「ユーザーID」をGA4に送信するためには、[GA4 設定]タグの 「user_id」フィールドに、Step 1で取得した「ユーザーID」変数を設定します。

例)フィールド名:user_id
  値:・・・③
GA4yokuaru_4_3.png

[GA4 設定]タグ以外に[GA4 イベント]タグを利用していて、「設定タグ」が「なし – 手動設定したID」になっているタグがある場合は、そのイベントタグ内の設定フィールドにも同様に「user_id」フィールドの設定をしてください。

オプション:「ユーザーID」をレポートの分析に使用するための設定

フィールドに設定した「ユーザーID」はユーザー判別のために使用されますが、レポート上で使用することはできません。個々の「ユーザーID」を標準レポートや、分析レポートで使用したい場合は、「ユーザーID」をユーザープロパティとしても取得します。
[GA4 設定]タグの[ユーザープロパティ]にも、Step1で作成したデータレイヤー変数を設定します。

例)
プロパティ名:member_id(例)
値:・・・④

GA4yokuaru_4_4.png

ポイント!
⑤「user_id」は予約語のため、使用できません。そのため、[ユーザープロパティ]のプロパティ名には、 「user_id」以外 の名前を設定ください。
デベロッパーガイド:https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/protocol/ga4/reference?client_type=gtag#reserved_user_property_names
ユーザーIDはフィールドに設定することが必須です。ユーザーIDをユーザープロパティにのみ設定した場合、ユーザーIDによる一貫したユーザー分析はできません。

設定上の制限

ユーザープロパティ名:最大24文字(エンコード後)
ユーザープロパティの値:最大36文字(エンコード後)
ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/9835194


【補足】gtag.js直書きで「ユーザーID」を計測する場合の設定方法

config コマンドで ‘user_id’ を設定します。
詳しくは、以下のヘルプをご参照ください。
ヘルプ:User ID を設定する
https://developers.google.com/devguides/collection/app-web/cookies-user-id?hl=ja#set_user_id
ユーザープロパティにも設定する場合は、’set user_properties’ も設定します
ヘルプ:ユーザー プロパティ 
https://developers.google.com/devguides/collection/app-web/user-properties?hl=ja

以上で設定は完了です。
GA4でユーザーIDを計測する方法については、お問い合わせの多い項目となっていますので、本記事をお役立ていただければ幸いです。

 

最初に読みたい!GA4 - 基本編 -
資料ダウンロードのご案内

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)について知りたい情報が詰まった資料を公開しています。
従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス )」との違いって?
導入にあたって何から取り組むべき?
おさえておきたいポイントをわかりやすく解説しました。本書は 無料でダウンロードいただけます。以下のフォームよりお申込みください。



私たちは、ビジネスの課題解決するための支援を行っております
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください

GA4に関するご相談なら、イー・エージェンシーにおまかせください

イー・エージェンシーは、「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」の認定セールスパートナー、「Google クラウド プラットフォーム(GCP)」の認定パートナーです。
また弊社はGoogleより2021年上半期における Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の数多くの導入支援実績を評価され、認定セールスパートナーとしてアワードを受賞しております。
これまでの豊富な実績を元に、GA4導入・移行をお客様のビジネスに寄り添い支援させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
データ活用のプロフェッショナルがお待ちしております!

私たちは、ビジネス課題を解決する支援を行っております
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください
この記事を書いた人
松原 奈々

広告代理店でのライター・プランナー、Webメディアでの企画編集を経てイー・エージェンシーに入社。 わかりやすいコンテンツづくりを心がけています。