GA4「ビューの代わりに何使う?」代替機能を解説!

ユニバーサルアナリティクス(以下UA)からGoogle アナリティクスをご利用の方にとって、ビューは馴染み深いものかと思います。
役割に応じて「部署ごと」や「目的ごと」にビューを作り、ユーザーの権限や目標設定、フィルタの設定などを行ってきた方も多いのではないでしょうか。
Google アナリティクス 4 プロパティ(以下GA4)では、ビューがなくなってしまいました。今回は、GA4でもUAと同じように施策を運用するための、ビューの代替機能についてご紹介します。

 UAで使われていたビューとは?

まずは、ビューについて振り返ってみましょう。
ビューは、様々な分析の観点からWEBサイトのデータを見るために利用されていました。
例えば、ビューを分けることでできることとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 目標設定
  • コンテンツグループ設定
  • フィルタ設定
  • チャネル設定
  • User-IDビューの作成

また、切り分けたビューに、最適なユーザー権限を付与し、管理することも可能でした。

GA4でビューの代替を実現する2つの方法

ビューを代替する方法を2つご紹介します。

方法1
ビューと同じ内容で、GA4プロパティを作成する

UAで作っていたビューと同じ内容で、同じ個数のGA4プロパティを作成する方法があります。
例えば、部署ごとにプロパティを作ることで、自分の担当部署の設定のみに集中でき、複数の目的が混合したプロパティ作成を避けられるメリットがあります。

ただし、大量にビューを作って活用していた企業ほど、作るべきプロパティの数が多いため、それらを統括し管理することは難しくなると言えます。本当に必要なプロパティにのみ絞り込むことが必要となります。

 

方法2
「サブプロパティ」を作る(有料版限定の機能)

サブプロパティは、GA4有料版のみで利用できる機能です。
プロパティからデータフィルタを使用して、指定されたイベントを抽出したり、除外したりしてデータを確認できます。

image1

 これにより、今までビューでおこなっていたのと同様のことができるようになります。

「サブプロパティ」について詳しくみる
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/column/20220623_01

メリットとしては、データソースがひとつなため、サイトの改修に伴う設定変更や、問題が起こった際に原因の調査や修正がしやすいことが挙げられます。
また「方法1」と比べて、プロパティが階層で整理されるため、管理のしやすさもメリットと言えるでしょう。
 
 

組織的なGA4運用には「サブプロパティ」がおすすめ

いかがでしたか?
長期的なデータ活用には、俯瞰した目線でのGA4管理が不可欠となります。
組織的にGA4を運用し、成果を出すためには「サブプロパティ」を利用して管理をするのがおすすめです。

「サブプロパティ」の利用には有料版の契約が必要にはなりますが、有料版にすることにより「サンプリングの回避」やデータ保持期間の延長」や「(Other)の表示回避」「データセットの設定エラーの解消」「Google広告連携におけるオーディエンス作成上限の緩和」「BigQueryへのエクスポートの上限緩和」「収集できるイベント上限の緩和」など、様々な機能が利用可能になります。

サービス紹介はこちら

イー・エージェンシーは、これまで培ってきた豊富な知見をもとに、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入・運用や、Google Cloud(Google Cloud Platform/GCP)によるデータ統合、広告連携、アトリビューション分析、広告やメールなど顧客へのアプローチ施策の効果改善など、データ活用全般を支援しております。

まずは、お気軽にサービス資料請求、またはお問い合わせください。
みなさまのデータ活用をご支援させていただきます。 
 

【動画】Google マーケティング プラットフォーム (GMP) 導入・活用支援のご紹介

ogp-–-6
【動画で紹介】Google マーケティング プラットフォーム (GMP) 導入・活用支援のご案内

本動画では、イー・エージェンシーから「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」をご契約された際の「付帯サービス」や「具体的な成功事例」について、動画でわかりやすくご紹介します。
「 Google アナリティクスの無料版と有料版の違い」「そもそもGoogle マーケティング プラットフォーム(GMP)とは何か?」など、GMPツールについてもご紹介しています。

GA4を導入するならイー・エージェンシーにご相談ください

イー・エージェンシーは、「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」の認定セールスパートナー、「Google クラウド プラットフォーム(GCP)」の認定パートナーです。
また弊社はGoogleより2021年上半期における Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の数多くの導入支援実績を評価され、認定セールスパートナーとしてアワードを受賞しております。
これまでの豊富な実績を元に、GA4導入・移行をお客様のビジネスに寄り添い支援させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様のデータ活用を伴走型で支援いたします。

私たちは、ビジネス課題を解決する支援を行っております
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください
この記事を書いた人
神崎 恵

マーケティングプランナー 新卒でイー・エージェンシーに入社。 デザイナー兼マーケティングプランナーとして活動しています。ウェビナーやトレーニング動画の編集にも従事。