イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

FirebaseとGA4の連携方法と解除の落とし穴!まとめ

この記事をシェア

Googleより2020年10月に、次世代の“新しいGoogle アナリティクス”として「Google アナリティクス 4 プロパティ(以下、GA4)」が、リリースされました。

この GA4 と Firebase を連携することで、アプリのアナリティクスデータを GA4 のレポート機能や分析機能を使って確認できるようになりました。
今回は「Firebase プロジェクトと GA4 プロパティの連携方法」と、「連携を解除する際の注意点」についてご紹介します。

Firebase プロジェクトと GA4 プロパティを連携する際には、「新規で GA4 のプロパティを作る」または「既存のGA4 プロパティを使う」の、どちらかを選択することになります。
連携先を間違えると、後述する「連携解除」の際に、データの収集が困難になるケースがあります!!
そうならないために、連携解除時のリスクについても、しっかり把握しておく必要があります。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

Firebase プロジェクトとGA4 プロパティの連携方法

Firebase プロジェクトの設定画面から、GA4 のプロパティと連携できます。
それでは連携方法を見ていきましょう。

ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/9289234?hl=ja#linkga

(1)Firebase の管理画面にログインします。
(2)「設定画面>統合> Google Analyticsのカード」で“有効にする”を選択します。
(3)「Google アナリティクスの構成」の GA4 のプロパティを新規で作成するか、連携したい既存の GA4 プロパティが含まれるアカウントを選択します。
既存のプロパティと連携する場合、 でプロパティを選択します。
この項目は見つけにくいですが、忘れずに選択しましょう。

これで Firebase プロジェクトと GA4 プロパティは連携され、アプリのアナリティクスデータを GA4 のレポート機能や分析機能を使って確認できるようになります。

Firebase プロジェクトとGA4 プロパティの連携解除の方法

Firebase プロジェクトと GA4 のプロパティの連携は、簡単に解除することができます。
それでは、連携解除の方法を見ていきましょう。

(1)Firebase プロジェクトにログインし、「歯車マーク」をクリック
(2)「統合」タブをクリック
(3)「Google アナリティクス」の「管理」をクリック

(4)連携を解除したい Google アナリティクスのプロパティの をクリック
(5)「このプロジェクトからアナリティクスをリンク解除」をクリック

(6)警告テキストの内容を確認し、「Google アナリティクスのリンクを解除する」をクリック

これで Firebase と GA4 の連携は解除されます。

ただし、最後のページで警告テキストが大きく表示されるように、連携解除には注意するべき点がいくつかあります。
では、Firebase と GA4 の連携を解除する際の注意点について見ていきましょう。

ちょっと待って!FirebaseとGA4の連携を解除した場合の影響

連携解除時の注意事項が表示されたポップアップ画面

Firebase プロジェクトと GA4 プロパティの連携解除には注意が必要です!
なぜなら連携を解除すると、Firebase コンソールから解除前の過去のアクセスデータを確認できなくなってしまうからです。
これは連携時に、Firebase 側で持っていたデータが GA4 側に移行するためです。

よって、連携を解除した GA4 側では、解除前の過去データを確認できます。
Firebase 側から解除前の過去データを確認するには、解除した GA4 プロパティに再度連携する必要があります。
その一方で、新しく別の GA4 と連携した場合、新しいプロパティでは連携後のデータからとなり、どちら側からも過去データを見ることはできません。

AdMob など別のツールと連携していた場合、連携が解除されたり、Cloud Messaging など一部の Firebase の機能も利用できなくなります。

できるだけ避けたい連携解除 こんなケースに注意!

このようなリスクや追加作業が発生するため、Firebase と GA4 の連携を解除するのはできるだけ避けたいところです。
そこで、連携解除が必要になりそうなケースについて考えてみましょう。

Case.1)Firebase と GA4 を連携したが、GA4 のアカウントにログインできなくなってしまった!?

Firebase での開発を外部パートナーA社に委託していて、GA4 のプロパティ作成も依頼した。外部パートナーA社の担当者は、あまり知見を持たないながらも手順書どおりに Firebase とGA4 を連携した。
その後、外部パートナーA社の担当者が退職。GA4 のアカウントはその担当者以外に共有設定がされておらず、誰も GA4 にログインできなくなってしまった。

この場合、Firebase にログインして連携を解除し、新しく GA4 プロパティを作り直して連携する必要があります。なお、逆に GA4 から Firebase の連携を解除することはできませんので、Firebase のログイン情報の紛失にも十分ご注意ください。(2020年12月現在)

Case.2)Firebase と GA4 を連携する際に、プロパティの選択を忘れてしまった!?

Firebase と GA4 を連携する際に、プロパティの選択画面に気づかず、そのままアカウントとプロジェクトを連携してしまった。

この場合、連携を解除し、任意のプロパティと連携し直す必要があります。

連携解除!?そうならないために事前に気をつけることは?

今回は Firebase と GA4 の連携方法と、連携解除の注意点についてご紹介しました。
連携解除にはリスクや追加作業が伴なうため、連携する際にはどんなデータをとりたいのか事前にしっかり考え、連携するプロジェクトとプロパティを整理し、計画的に実施することが重要です。

イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、GA4 の導入支援も行っております。
まずはお気軽に下記よりお問い合わせください。

Firebase ・ GA4 に導入に関するお問い合わせはこちら

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)導入ガイド(資料ダウンロード)

次世代のアクセス解析プラットフォーム、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入・運用にご興味をお持ちになった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事をシェア

この記事を書いた人

神崎恵

神崎恵

マーケティングプランナー

新卒でイー・エージェンシーに入社。 デザイナー兼マーケティングプランナーとして活動しています。ウェビナーやトレーニング動画の編集にも従事。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ