イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

【アプリ + ウェブ プロパティ (現: GA4) e コマースレポート登場!】第2弾 e コマースレポートの見方と確認できるデータ<標準レポート編> – Google アナリティクス 4 プロパティ

この記事をシェア

【お知らせ】「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」リリース!
2020年10月14日(米国時間)、Google アナリティクスの「アプリ + ウェブ プロパティ」は、ベータ版から新名称の正式版「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」にアップデートされました。詳細はこちらでご確認ください。
→「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」リリース! GAの進化と「GA4」を導入するメリット3つ

Google アナリティクスの次世代のアクセス解析プラットフォーム「アプリ + ウェブ プロパティ(App + Web プロパティ)」に、待望の「e コマースレポート」が登場しました。e コマースレポートでは、サイト内の購入情報の計測だけではなく、商品の表示、カート追加、決済途中の離脱状況など、ショッピング行動全体を詳しく分析することができます。従来のウェブ プロパティの拡張 e コマースレポートと比較するとまだ十分とは言えないものの、基本的なデータは確認できるようになっています。

前回は、この e コマースレポートをGoogle タグマネージャーを使って計測する方法をご紹介しました。今回は、計測した e コマース情報が、アプリ + ウェブ プロパティの e コマースレポートでどのように表示されるか、あらかじめ用意されている「標準レポート」を用いてご説明します。

※ アプリ + ウェブ プロパティの e コマース計測およびレポートについては、本稿掲載時点ではベータ版であり、今後仕様の追加変更等により本稿の内容と違いが生じる可能性がありますのでご了承ください。

e コマースの概要レポート

左メニューの「e コマース」をクリックすると「e コマースの概要レポート」が表示されます。e コマースの主要なデータを確認でき、それぞれのカードが詳細レポートへの入口となっています。

e コマースの概要レポート

① e コマースの収益/e コマース購入数/アイテムの表示回数
e コマースの収益、e コマース購入数(トランザクション数)、アイテムの表示回数(商品詳細ページの表示回数)について、期間中の合計値と日別推移のグラフが表示されます。e コマースの基本的なデータや傾向を大まかに把握したいときは、こちらのレポートで確認できます。

② e コマース購入数(アイテム名別)
アイテム(商品)名別の購入数が表示されます。
アイテム(商品)ごとの購入状況を確認することができます。
「アイテムを表示 →」から「アイテム(商品)のレポート」へ進むと、アイテム(商品)、カテゴリ、ブランドごとに、より詳細なデータを確認できます。

③ e コマース購入数(アイテムリスト名別)
アイテムリスト名別の購入数が表示されます。
アイテムリストとは、商品が表示されるエリアに付けられる名称です(ランキング、検索結果一覧、おすすめ など)。どのエリアから購入につながったのかを確認することができます。
「アイテムリストを表示 →」から「アイテムリストのレポート」へ進むと、アイテムリストごとに、より詳細なデータを確認できます。

④ e コマースの収益(オーダークーポン別)
オーダークーポン別の収益が表示されます。
オーダークーポンとは、購入時に使われたクーポンのことです。クーポンごとにどれくらいの収益があったのかを確認したいときにこのレポートを使います。
また、トランザクション(注文)ごとの収益を知りたいときもこちらで確認できます。
「オーダークーポンを表示 →」から「オーダークーポンのレポート」へ進むと、オーダークーポンまたはトランザクションIDごとに、より詳細なデータを確認できます。

⑤アイテムの表示回数(アイテムプロモーション名別)
アイテムプロモーション名別のアイテムの表示回数が表示されます。
アイテムプロモーションとは、サイト内で商品をアピールするバナーなどのことです。どのプロモーションから購入につながったのかを確認したいときにこのレポートを使います。
「プロモーションを表示 →」から「アイテムプロモーションのレポート」へ進むと、アイテムプロモーションごとに、より詳細なデータを確認できます。

アイテム(商品)のレポート

「アイテム(商品)のレポート」は、「② e コマース購入数(アイテム名別)」の「アイテムを表示 →」をクリックすると表示されます。
「アイテム(商品)のレポート」では、アイテム(商品)、カテゴリ、ブランドごとに、より詳細なデータを確認できます。

アイテム(商品)のレポート

プライマリ ディメンションの切り替え(ドロップダウンリスト)
・アイテム(商品)
・カテゴリ
・ブランド

確認できる指標
・アイテムの表示回数(商品詳細ページの表示回数)
・カートに追加(カート追加数)
・表示後カートに追加された割合(詳細ページ表示後カートに追加された割合)
・e コマース購入数
・表示後購入された商品の割合(詳細ページ表示後購入された商品の割合)
・商品の購入数量
・アイテムの収益

アイテムリストのレポート

「アイテムリストのレポート」は、「③ e コマース購入数(アイテムリスト名別)」の「アイテムリストを表示 →」をクリックすると表示されます。
アイテムリストとは、商品が表示されるエリアに付けられる名称です(ランキング、検索結果一覧、おすすめ など)。どのエリアから購入につながったのかを確認することができます。
「アイテムリストのレポート」では、アイテムリストごとに、より詳細なデータを確認できます。

アイテムリストのレポート

プライマリ ディメンションの切り替え(ドロップダウンリスト)
・アイテムリスト名
・アイテムリストID

確認できる指標
・アイテムリストの表示回数
・アイテムリストのクリック数
・アイテムリストのクリック率
・カートに追加(カート追加数)
・チェックアウト(チェックアウト数)
・e コマース購入数
・アイテムの収益

オーダークーポンのレポート

「オーダークーポンのレポート」は、「④ e コマースの収益(オーダークーポン別)」の「オーダークーポンを表示 →」をクリックすると表示されます。
オーダークーポンとは、購入時に使われたクーポンのことです。クーポンごとにどれくらいの収益があったのかを確認したいときにこのレポートを使います。
また、トランザクション(注文)ごとの収益を知りたいときもこちらで確認できます。
「オーダークーポンのレポート」では、オーダークーポンまたはトランザクションIDごとに、より詳細なデータを確認できます。

オーダークーポンのレポート

プライマリ ディメンションの切り替え(ドロップダウンリスト)
・オーダークーポン
・トランザクションID

確認できる指標
・e コマース購入数
・e コマースでの購入数量(固有の購入数=購入された商品の種類数)
・e コマースの収益

プロモーションのレポート

「プロモーションのレポート」は、「⑤アイテムの表示回数(アイテムプロモーション名別)」の「プロモーションを表示 →」をクリックすると表示されます。
アイテムプロモーションとは、サイト内で商品をアピールするバナーなどのことです。どのプロモーションから購入につながったのかを確認したいときにこのレポートを使います。
「プロモーションのレポート」では、アイテムプロモーションごとに、より詳細なデータを確認できます。

プロモーションのレポート

プライマリ ディメンションの切り替え(ドロップダウンリスト)
・アイテムプロモーション名
・アイテムプロモーションID
・アイテムプロモーション(クリエイティブ名) 

確認できる指標
・プロモーションの表示回数
・プロモーションのクリック数
・プロモーションのクリック率
・カートに追加(カート追加数)
・チェックアウト(チェックアウト数)
・e コマース購入数
・アイテムの収益

ショッピング行動・決済行動のレポートは目標到達プロセスの分析レポートで

ショッピング行動・決済行動のレポートは、現時点では標準レポートとして用意されていませんが、分析レポートの「目標到達プロセスの分析」で作成することができます。

目標到達プロセスの分析レポート

ショッピング行動・決済行動のレポートは目標到達プロセスの分析レポートで

各ステップにイベントを設定

ショッピング行動・決済行動のレポートは目標到達プロセスの分析レポートで

ステップ 1 商品一覧ページの表示  (view_item_list)
ステップ 2 商品詳細ページの表示  (view_item)
ステップ 3 カート追加  (add_to_cart)
ステップ 4 決済  (begin_checkout)
ステップ 5 購入  (purchase)

従来の拡張 e コマースレポートとの違い

従来のウェブプロパティの「拡張 e コマースレポート」と、アプリ + ウェブ プロパティの「e コマースレポート」を比較すると、下記のような違いがあります。

※ 従来のウェブプロパティの「拡張 e コマース」と、アプリ + ウェブ プロパティの「e コマース」では、計測方法が異なるため、同じ指標でも数値が一致しない場合があります。

ディメンション・指標の名称

従来の拡張 e コマースレポートとの違い

確認できる指標の種類

従来の拡張 e コマースレポートとの違い

以上、今回はGoogle アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティの e コマースレポートがどのように表示されるのかご説明しました。従来の拡張 e コマースレポートと比較するとまだ基本的なデータにとどまっていますが、今後開発が進み、充実してくることが予想されます。

イー・エージェンシーでは、購入情報はもちろんショッピング行動全体の計測・分析もお手伝いしております。ご興味をお持ちになった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

特集記事

【アプリ + ウェブ プロパティ e コマースレポート登場!】 第1弾 Google タグマネージャーを使って e コマース計測を行う方法

Google タグマネージャーを使って e コマース計測を行う方法や、拡張 e コマースとのデータ構造の違いをご説明しています。

この記事をシェア

この記事を書いた人

GA360 サポートチーム

GA360 サポートチーム

Google アナリティクスをはじめとしたGoogle Marketing Platformの各種プロダクトに関して豊富なノウハウと実績を有するサポート専任チームです。お客様のマーケティング活動におけるさまざまな課題の解決に向けて、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ