イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

どうなる?有料版 Google アナリティクス 4 プロパティ最新情報レポート(2021年10月)

この記事をシェア

2021年10月、Google社からGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)に関する最新情報が発表されました。
現在リリースされている無料版と、発表が待たれる有料版との機能の違いや、従来版であるユニバーサル アナリティクス(UA)から引き継がれる機能などが少しずつ明らかになっています。
今回は、GA4導入を検討中の方、従来版であるユニバーサル アナリティクス 360(UA 360)からの移行を進めている方に向けて、最新情報をわかりやすくお届けします。

※本記事中の情報は2021年10月時点の情報です。また日本における確定情報ではありません。各名称や導入時期に変更が生じる場合があります。

サブプロパティ・統合プロパティによるデータガバナンスを実現

統合(ロールアップ)プロパティ

・複数プロパティのデータを統合(ロールアップ)して管理できる機能

GA4の統合(ロールアップ)プロパティは、複数のプロパティのデータをまとめて分析できる機能です。
UAのロールアッププロパティと同じような機能が想定されています。
たとえば、メディアごとにサブプロパティを設定し、複数メディアを運営する企業(例:A社)の場合を例に挙げてみます。
A社の管理者は、自社が運営するメディアをそれぞれ単体ごとではなく、いくつかのメディアを合算してデータを計測することができます。
このように、複数のプロパティを統合して分析したい場合にロールアッププロパティは有効な手段となり得ます。

サブプロパティ

管理者が指定したプロパティの配下に、更にプロパティを設定できる機能です。
※サブプロパティという名称は仮称で今後変更になる可能性があります。

・任意のプロパティ配下に、サブプロパティ(仮称)の設定が可能に

例として複数のメディア運営を行う企業の場合、メディアごとにサブプロパティを分け、管理するといった使い方が想定されます。
※サブプロパティという名称は仮称で今後変更になる可能性があります。

特定のユーザーグループの機能アクセスを制御可能に

カスタムユーザーロール

カスタムユーザーロールとは、管理者が特定のユーザーロールごとに、表示させるデータやレポートを制御する機能です。

先ほど例に挙げた複数メディアを運営する企業を例に挙げてみます。
広告キャンペーンを担当する代理店X社には、広告キャンペーンに関するデータのみにアクセスできるよう制御したいとします。
カスタムユーザーロールを設定することで、代理店の役割に応じたデータを開示し、一方で見せたくないデータ(収益など)を非表示にすることが可能になります。

複数代理店とのパートナーシップがある場合に各社への柔軟なアクセス制御が求められる場合など、さまざまな測定ニーズに対応した機能です。

GA4有料版で得られる拡張性・上限緩和は?(無料版との比較あり)

GA4の無料版・有料版の違いを機能別に比較してみましょう。

機能(Google公式ヘルプ無料版有料版
BigQuery Daily Export100 万件のイベント数十億件のイベント
ロールアッププロパティ利用不可利用可能
サブプロパティ利用不可利用可能
カスタムユーザーロール未定利用可能
イベント パラメータイベントごとに 25 個

プロパティごとにイベント スコープのカスタム ディメンション 50 個

プロパティごとにイベント スコープのカスタム指標 50 個
イベントごとに 100 個

プロパティごとにイベント スコープのカスタム ディメンション 125 個

プロパティごとにイベント スコープのカスタム指標 125 個
コンバージョン3050
オーディエンス100400
データ探索ユーザーあたり、プロパティごとに 200 件まで作成可

プロパティごとに 500 件まで共有可
ユーザーあたり、プロパティごとに 200 件まで作成可

プロパティごとに 1,000 件まで共有可
データ探索のサンプリングの上限クエリごとに 1,000 万件のイベントクエリごとに 10 億件のイベント
非サンプリング データ探索利用不可非サンプリング データの結果: プロパティごとに 1 日あたり最大 500 億件のイベント
API 割り当て1 日あたり 25,000 トークン1 日あたり 250,000 トークン
データの保持期間最長 14 か月最長 50 か月
無料版・有料版 機能別比較表(2021年10月時点)

SLAについて

有料版には多くの製品機能にわたるサービス法定契約(SLA)が付属しています。
今回初めて、BigQueryのデイリーエクスポートにSLAが導入されると発表されています。

GA4導入・移行なら、イー・エージェンシーにご相談ください

イー・エージェンシーは、「Google マーケティング プラットフォーム(GMP)」の認定セールスパートナー、「Google クラウド プラットフォーム(GCP)」の認定パートナーです。
また弊社はGoogleより2021年上半期における Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の数多くの導入支援実績を評価され、認定セールスパートナーとしてアワードを受賞しております。
これまでの豊富な実績を元に、GA4導入・移行をお客様のビジネスに寄り添い支援させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。
データ活用のプロフェッショナルがお待ちしております!

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)資料ダウンロードのご紹介

最初に読みたい!
GA4(Google アナリティクス 4 プロパティ)-基本編- 資料

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)について知りたい情報が詰まった資料を公開しています。
従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス )」との違いって?
導入にあたって何から取り組むべき?
おさえておきたいポイントをわかりやすく解説しました。
本書は 無料でダウンロードいただけます。以下のフォームよりお申込みください。

この記事をシェア

この記事を書いた人

松原奈々

松原奈々

広告代理店でのライター・プランナー、Webメディアでの企画編集を経てイー・エージェンシーに入社。 わかりやすいコンテンツづくりを心がけています。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ