イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」、レポートの左メニューをリニューアル

この記事をシェア

ユーザー行動は「ライフサイクル」、ユーザータイプやデバイス等は「ユーザー」で

2020年10月14日(米国時間)、「アプリ + ウェブ プロパティ」は、ベータ版から名称も新たに正式版「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」にアップデートされ、次世代の“新しいGoogle アナリティクス”としてリリースされました。これに伴なって、レポート画面の左メニューが大幅にリニューアルされましたのでご紹介します。

まず、レポート全体が大きく6つに分類されました。上から順に「ホーム」「リアルタイム」「ライフサイクル」「ユーザー」「イベント」「探索」の6つです。

そのうち、ユーザー行動に沿っているのが「ライフサイクル」です。「ライフサイクル」では、集客からコンバージョン、ユーザーの維持へと、一連のユーザー行動の流れに沿ったメニュー構成となっています。ユーザータイプやデバイス・プラットフォーム等は「ユーザー」に分類されています。

「ライフサイクル」「ユーザー」「探索」の各レポートは、ドロップダウンリストで詳細レポートが表示されるようになっています。リニューアルされた部分を中心に、順に見てみましょう。

ライフサイクル

ライフサイクル

「ライフサイクル」では、集客からコンバージョン、ユーザーの維持へと、一連のユーザー行動の流れに沿ったメニュー構成となっています。

集客

●概要(集客サマリー)

ユーザー獲得
ユーザーが初めてサイト・アプリにアクセスした際の、参照元・メディア・キャンペーン・広告等、ユーザースコープの集客データ。

トラフィック獲得
セッションごとの参照元・メディア・キャンペーン・広告等、セッションスコープの集客データ。

エンゲージメント

●概要(エンゲージメントの概要)

イベント
イベントごとのイベント数やユーザー数等。

ページとスクリーン
ページタイトルやスクリーン名ごとの表示回数・ユーザータイプごとのユーザー数、イベント数、コンバージョン等、コンテンツグループ別で見たい場合もこちら。

収益化

●概要(収益化の概要)

eコマース購入数
アイテム名・ID・ブランドごとの表示回数、カートに追加、購入数、収益等。

●アプリ内購入

●パブリッシャー広告

維持率

概要(維持率の概要
コホート別のユーザーエンゲージメントやユーザー維持率、LTV等。

ユーザー

ユーザー

ユーザータイプやデバイス・プラットフォーム等は「ユーザー」に分類されています。

ユーザー属性

●概要(ユーザー属性サマリー)

ユーザー属性の詳細
国、地域、市区町村、言語、年齢、性別、インタレストカテゴリ別のユーザー数、新規ユーザー数、エンゲージのあったセッション、イベント数、コンバージョン、収益等。

テクノロジー

●概要(ユーザー属性の環境の概要)

ユーザーの環境の詳細
ブラウザ、デバイスカテゴリ、プラットフォーム、オペレーティングシステム別のユーザー数、新規ユーザー数、エンゲージのあったセッション、イベント数、コンバージョン、収益等。

イベント

コンバージョン

すべてのイベント

探索

探索 分析

分析

分析ハブ
旧アプリ+ウェブ プロパティ(ベータ版)で表示されていた「データ探索」や「ユーザーエクスプローラ」「コホート分析」等はこちらから。

テンプレートギャラリー
デフォルトの分析レポートの他に、業種別のレポートテンプレートも用意。

以上、「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」のリリースでリニューアルされた左メニューについてご説明しました。

イー・エージェンシーでは、「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」の導入については、できるだけ早めのタイミングをお勧めしています。なぜなら、経年変化など中長期的な比較や検証を開始するには、できるだけ早めに長期間の過去データを蓄積しておいた方が有利だからです。

なお、導入と言っても、これまでの計測を止めたり、「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」に切り替えたりするわけではありません。これまでの計測はそのまま何も変える必要はなく、新たに「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」で計測するプロパティを追加するだけでよいのです。現時点では並行利用して、データを蓄積したりレポートを見比べたりしながら使い慣れていくイメージでよいでしょう。

次世代のアクセス解析プラットフォーム「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」にご興味をお持ちになった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事をシェア

この記事を書いた人

GA360 サポートチーム

GA360 サポートチーム

Google アナリティクスをはじめとしたGoogle Marketing Platformの各種プロダクトに関して豊富なノウハウと実績を有するサポート専任チームです。お客様のマーケティング活動におけるさまざまな課題の解決に向けて、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ