イー・エージェンシーはマーケティングデータ活用でビジネス課題を解決するプロフェッショナル

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)とは? カスタムディメンション・カスタム指標の登場

この記事をシェア

GA4とは?カスタムディメンション・カスタム指標の登場

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)にカスタムディメンション・カスタム指標が登場、パラメータ設定が便利に

先月にリリースされて以来、「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」は着々と機能強化が進んでいます。今回は「カスタムディメンション」と「カスタム指標」の登場についてご紹介します。

これまでGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)では、各イベントごとに同じパラメータに基づいて分析するには設定に少々手間が掛かりました。というのは、あるイベントで作成したパラメータをそのまま別のイベントに適用することができなかったからです。同じパラメータでも、各イベントごとに一つずつ別々のパラメータとして作成し直す必要があったのです。

こうした手間が、今回ご紹介するカスタムディメンション・カスタム指標の登場(2020年10月)で解消されました。従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のように、同じパラメータをそのまま複数のイベントに適用できるようになったのです。

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)のカスタムディメンションとカスタム指標では、特定のイベントは指定せず、名称をつけて任意のパラメータを設定すれば作成することができるようになりました。作成したカスタムディメンション(パラメータ)は、全てのイベントで分析に用いることができます。従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のカスタムディメンション・カスタム指標とは別物ではありますが、同じような感覚で利用できるようになったのです。

カスタムディメンションの作成方法

カスタムディメンションの作成方法は次のとおりです。

1. 左メニューの「すべてのイベント」を押す。
2.右上の「カスタム定義を管理」を押す。
3.「カスタムディメンション」のタブを選び、右上の「カスタムディメンションの作成」を押す。
4.「 イベントパラメータ名」と「 カスタムディメンション名」を指定する。
5.「保存」を押す。

GA4のカスタムディメンションとカスタム指標の作成方法

カスタム指標の作成方法

カスタム指標は、カスタムディメンションと同じく「カスタム定義を管理」から「カスタム指標」のタブを選び、右上の「カスタム指標を作成」で作成します。

カスタム指標では、「イベントパラメータ名」と「カスタム指標名」のほか、値の「測定単位」を「標準」「通貨」「距離」「時間」から選択して指定することができます。

なお、カスタムディメンション・カスタム指標ともに、1つのプロパティにつき上限は50個まで作成できます。

これまでに作成したパラメータはカスタムディメンション・カスタム指標に自動変換済み

カスタムディメンション・カスタム指標の登場(2020年10月)により、それ以前に作成されたパラメータは、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)側で自動的にカスタムディメンション・カスタム指標に変換されています。

ただし、同じパラメータでも複数のイベントに設定していた場合には、それぞれ別々のパラメータと認識され、それらのイベントと同数のカスタムディメンションとして一つずつ別々に変換されています。

たとえば、「page_location(ページのURL)」というパラメータを、「page_view(ページビュー)」と「session_start(セッション開始)」という2つのイベントに設定していた場合、下記のように2つの別々のカスタムディメンションに変換されます。

●作成したパラメータ: page_location
●設定したイベント : ① page_view、② session_start
   ↓ ↓ ↓
●自動変換されたカスタムディメンション:
① page_location[page_view]
② page_location[session_start]

つまり、同じパラメータでもそれぞれ別々のカスタムディメンションに変換され、それぞれ別々のイベントに適用されている状態になります。

カスタムディメンション・カスタム指標ともに1プロパティあたり50個が上限のため、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)のヘルプ等にはどちらかの削除を促すような記述も見られます。しかしながら、どちらか一方を削除した場合、削除した方のカスタムディメンションは、カスタムディメンション・カスタム指標の登場(2020年10月)以前のイベントに適用されなくなりますのでご注意ください。登場(2020年10月)以降については、どちらのカスタムディメンションも全てのイベントに適用されます。

* * *     * * *     * * *

以上、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)のカスタムディメンション・カスタム指標の登場についてご紹介しました。

イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入については、できるだけ早めのタイミングをお勧めしています。なぜなら、経年変化など中長期的な比較や検証を開始するには、できるだけ早めに長期間の過去データを蓄積しておいた方が有利だからです。また、従来のセッション中心の分析とは違ったユーザーとイベント中心の分析や、機械学習による予測と施策への連携機能を利用できることもメリットです。

なお、導入と言っても、これまでの計測を止めたり、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)に切り替えたりする必要はありません。これまでの計測はそのまま継続運用しながら、それとは別に新しいプロパティを追加してGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)で計測するだけでよいのです。当面は並行利用して、データを蓄積したりレポートを見比べたりしながら使い慣れていくイメージでよいでしょう。

次世代のアクセス解析プラットフォーム、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入・運用にご興味をお持ちになった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事をシェア

この記事を書いた人

GA360 サポートチーム

GA360 サポートチーム

Google アナリティクスをはじめとしたGoogle Marketing Platformの各種プロダクトに関して豊富なノウハウと実績を有するサポート専任チームです。お客様のマーケティング活動におけるさまざまな課題の解決に向けて、日々チーム一丸となって取り組んでいます。

このライターが書いた記事を見る

私たちは、データを活用した成果貢献のための支援を行っております。
サービスについてお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料ダウンロード

デジタルマーケティングに活用いただける様々な資料を
ダウンロードいただけるようご用意しました。

ご相談・お問い合わせ

私たちは、貴社のビジネス成長のためのデータ活用を支援いたします。
支援内容についてはお気軽にご相談・お問い合わせください

このページの先頭へ